第195回ペットにまるわるエトセトラ

平成29年10月13日(金)朝、TBCラジオペットの話で生主演してきました。お題は、猫のトイレでした。
猫のトイレでウンチやオシッコを排泄した後、砂をかけるのは習性です。外猫が、ウンチを隠す理由は、自分の痕跡を消し去り狩りをしやすくするためなのです。
身の危険のない都会の猫社会でうんちを隠すのは、社会的地位が関係していてボス猫は、ウンチが目立つ場所に堂々と放置して置くこともあるそうです。
もし室内飼いの猫が、ウンチを隠さないとするとその猫は、飼い主より自分のほうが、えらいと思っているのかまもしれません。
夜行性である猫にとって視覚より嗅覚が、重要なのです。
また砂をかける理由として排泄物に含まれる寄生虫やウイルスなどの病原菌から逃れるためともいわれています。
室内猫が、トイレ以外でウンチをする訳は、寝床やトイレの環境の変化や汚いトイレや悪臭、砂の種類が、気に入らないのかもしれません。家の中で縄張りに不安を感じて壁や家具にスプレーをしてマーキングすることも・・・
猫がトイレ以外でおしっこをした時、叱るのは意味がありません。「排泄したこと自体が悪いこと」だと勘違いし隠れて見えない場所に排泄したり 叱られたことで排泄を我慢して尿石症や膀胱炎、慢性腎不全などの泌尿器の病気になることもあるのです。
叱るのではなく、トイレ環境を改善したり、ストレスを取り除くなど原因を改善していあげる工夫が必要です。
次回の10月27日(金)は、ペットの迷子ついてお話をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA