三方よし“まちゼミ”セミナー

平成29年11月30日(木)18時30分から20時30分まで 宮城県商店街振興組合連合会主催のセミナーを受講してきました。
テーマは、三方よし “まちゼミ”セミナー 「お客様」「お店」「まち」が、関わるみんなの幸せ事業!
講師は、岡崎まちゼミの会 代表 松井 洋一郎氏でした。

このまちゼミを宮町商店街振興組合と南光台商店街振興組合のコラボ事業として来年度取り組む話が、浮上しております。
まちゼミと聞いたことがある組合員は、多いですが、実際、どうやってイベントしていくものなのか?何が、いいのか?継続が大事とも聞いて入ましたので理事や組合員の皆様に呼びかけ宮町からは、10名で伺いました。

すでのこの事業は、仙台本町商店街振興組合で今年の10月に行われており大村さんが、松井さんの話は、とても参考になると太鼓判を押してくれておりました。その評判通り目からうろこの話の連続で宮町商店街の仲間も参加して良かったと話しておりました。
この事業は、お店やそこで働く人々をファンにすることで売り上げに直結でき、しいては、町の活性化にもつながるものです。
参加する所と言えば 商品を販売する所と思いがちですが、飲食店、病院、銀行、不動産、神社(東照宮)、お寺などなど町にかかわるすべての人が、参加できます。
始めることが決まってから参加者は、3回の講義を受け 考え方をしっかり学ぶ必要があります。その話を聴くだけでも個人の生き方に影響を与えそうだと思っています。そして最低20店舗は、集まらなければ成功しないとも聞いています。1件でも多く参加頂き宮町商店街も成功事例の一つに選ばれたいと思っています。 それが、ここで生活する地域の人々の大きな幸せにもつながるのですから・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA