フェレットのラテちゃん

フェレットのラテちゃんが、ゴールデンウィーク中、お泊りして行きました。

10才と言う高齢なのでいつもグッスリ寝ている感じでした。でもフェレットの寝姿は、見ているだけで癒されます。
お掃除でちょっと動かすものならもう張り切ってしまい動きすぎるくらいでした。
食欲もあったので安心してみることができました。

ダックスのミルキーちゃん

Yさんちのミルキーちゃんが、ペットホテル&トリミングのご利用を頂きました。

初めは、緊張していたようですが、ホテル2日目には、すっかりなれてくれしました。
その後、部屋を走り回ったり散歩も楽しく行くようになりました。とても馴れてくれたので飼い主のYさんも安心して出かけられたとお話し頂きスタッフも喜んでおりました。

ロップイヤーのショコラちゃん

いつもペットホテルのロップイヤーのショコラちゃんが、またお泊りのご利用頂きました。
実は、飼い主が、東京へ転勤となり最後のお泊りになるかもしれません。と言うのも実家が仙台なのでまた帰ってきた時に利用するかも?とのことでした。
それにしてもペット達も飼い主の関係で引っ越しが多くたくさんの方が、引っ越しされます。
そして今度は、たくさんの皆さんからトリミングうやホテルの新規利用でお問い合わせを頂いています。(感謝)

ペット達も引っ越しで緊張すると思います。できれば引っ越しで心機一転、部屋を変えるのではなく今までのケージで飼って欲しいと思います。
住み慣れたケージが、一番ですから・・・

雪が大好き!

ラヴラドールの生後5ヶ月の子が、正月にお泊りして行きました。
1泊2日のベリーショートホテルのご利用でした。まだ赤ちゃんなので 当日の夕方の散歩も散歩なのか遊んでいるのか?わからない状態でした。(笑)
翌日朝は、小雪が降る中。もう喜んでいました。
こんなに喜ぶ姿をみると可愛さが、倍増です。

第199回ペットにまつわるエトセトラ

平成29年12月8日(金)朝、TBCラジオに「ペットにまるわるエトセトラ」で生出演してきました。お題は、愛犬のシャンプーについて
犬にもシャンプー嫌いの子がいます。特に日本の犬である柴犬や秋田犬などは、山岳犬と言われ特に嫌がる子が多いです。
小さい時から洗ってあげると恐がることが少ないので幼いうちからシャンプーしてあげましょう。
逆にゴールデンレトリバーは、ハンターが撃ち落とした鳥を、湖から泳いで持ち帰る猟犬でしたので全く怖がらない子が多いです。
シャンプーをする時は、初めにしっかりブラッシングを行いましょう。 スリッカーブラシなどを使い下毛や毛のもつれを取るためです。
すぐ洗うともつれをひどくなり毛玉が増えたりフェルト状になりますから注意しましょう。
温度は、38度位にしてお湯だけでしっかり予洗しましょう。
コーム使うことが、嫌いなよ子には、ごほうびを使って徐々にならしましょう。
始めてのシャンプーは、どんな犬でも驚きですから後ろの足から濡らして乾かすなど配慮してあげてください。
おもちゃを使って遊びながらするのもシャンプーを好きにさせるコツですよ。
ドライヤーで乾かす時は、熱で乾かすのではなく風で優しく乾かしましょう。ダンベルなどで遊びながらすると飽きないですよ。

フェレットのひまわりちゃん

フレットのひまわりちゃん生後11ヶ月の子が、1泊2日のお泊りをして行きました。

 川崎から遊びで来られたそうで昨日は、仙台も暑かったこともあり急きょのフェレットのお泊りを依頼されました。

 預かってすぐに餌を与えてあげようと銀色の袋から取り出すと成分が、牧草のよう?銀色の袋をみるとジリスと書いてある!
 フェレットは、肉食なのでこのエサは、違うことに気づき電話を入れて尋ねると4日前に買った餌であまり食べないのでおかしいと思っていたとのことでした。
 ビックリされていたました。
当店には、フェレットの餌を扱っていなかったので他店にて購入頂き持って来てもらいました。
 
流石、餌を与えてみるとバクついていましたよ。(良かった~)
あまりに印象の残ることだったので絵手紙を描いて差し上げましたらとても喜んでおられました。(笑)