第131回ペットにまつわるエトセトラ

150213tbc今朝、(平成27年2月13日金曜朝8時30分から)TBCラジオに生出演してきました。
今朝のお題は、ペットを飼う前に気をつけたいこと(131回目)をお話しましょう。
実は、私事では、ありますが、今週の日曜の河北新報に掲載している『かほピョンこども新聞』でお子さんが、ペットを買う前に考えておかなければならないことを尋ねられそれが、記事になりました。
子ども達にペットの話をすると目を輝かせて聞いてくれる子が、とても多く自分で飼ってみたいと思う子が多いと思います。でも見た目や何も考えずにペットを飼うことは、将来の自分とペットを不幸にするかもしれません。よく考えてから飼うかどうかを決めましょう。
ペットは、私たちと同じ生き物です。そしてペットは、飼い主が、餌など与えてあげなければ生き続けることができません。皆さんが、時間を決めて餌を与えたりハウスやトイレの掃除などもしてあげなければなりません。ペットと過ごすことは、楽しいことでもありますが、たいへんなこともあるのです。それを分かった上で飼い始めてほしいと思います。
 私が、小学生の頃、ザリガニやオタマジャクシやクワガタなどを採って家に持ち帰りエサを与え育てたことがあります。何を食べるか?大人に聞いたり調べたりしたことを覚えています。
 でも考えてほしいです。採ったことは、自分の所有になった気がしてそのまま育てたいと言う気持ちは、わかりますが、自然の中で生き抜くことが、野生の生き物の幸せですから何日が、飼ってみたら元のいた場所に返してあげることも必要です。管理の難しさもあって殺してしまうことも可能性がありますから自然に戻すことが、ベストだと思います…ペットと言っても多くの種類がいますのでお子さんとペットの特徴を調べよく考えてから飼うことを決めてほしいと思います。

飼う種類は、犬や猫 小動物、熱帯魚と多岐に渡ります。
犬は、飼い主と一心同体になれる動物です。犬を飼うと決めても犬種が多く自分や家庭にあった犬を選ばなればなりません。犬との生活は、楽しい反面、お世話もしなければならいなことが多く湯く考えて決めて欲しいと思います。
猫は、きまっぐれで単独行動が、好きな動物、あんまりベッタリしない関係が、魅力だとも言われています。その他、インコなどの鳥や金魚や熱帯魚などの魚を飼ってみるのもいいでしょう。
小動物では、ラビットを飼われている人が、多いです。ハムスターやフレットなども定番ですね。
最近、人気が、出てきているのが、ハリネズミ、デグーです。ハリネズミは、見た目が、愛らしく触ることもできるのが、人気の秘密です。
デグーは、モルモットやチンチラの仲間で草食性動物です。様々な声でコミュニケーションができるので言語学の研究もされるいるとは、驚きです。よく慣れるので欧米ではペットとして長く飼われているそうです。当店のお客様からお手もできるデグーもいると聞きました。
はじめてペットを飼いたいと思う場合は、新しく人気が、でたペットより今まで多く飼われたことがあるペットの中から選ばれることをおすすめします。
多く飼われていると言うことは、飼いやすいということでもありますし具合が悪くなったときに動物病院で診てもらえる可能性も高いですから・・・
次回の2月20日(金)犬が、フードを食べない訳(132回目)をお話しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA