第142回ペットにまつわるエトセトラ

150724tbcTBCラジオに生出演してきました。この写真は、入口にあるTBCのウォッチン 田んぼです。だいぶ大きくなってきました。

今朝、H27年7月24日(金) 猫の水飲みについてを話してきました。

犬と猫を比べた場合、猫は、あまり飲みません。その理由は、猫は、もともと乾燥した砂漠地帯に住んでいた動物だからです。
猫の体は、体内の少ない水分を効率よく使い凝縮したオシッコを出すことができるのです。だからオシッコの臭いが、きついのです。

野生では、食べるために捉えた小動物の体内の少ない水分でまかなえるというのですから驚きです。そして足りない分を飲み水で補給していたそうです。水を飲むという習慣があまりないことがわかります。

現代の猫は、ドライフード中心の与えていることが多いですからはやり水分が足りないといえます。水分を補うためには、ウエットタイプの缶詰や猫用ミルクを与えるのもいいでしょう。いろいろな場所に飲み水を置き飲みたい時にすぐ飲めるようにすることもいいことです。

猫が、与えた水を飲まずにお風呂の残り水や花瓶の水、庭の水たまりや池の水を飲むことがあります。
猫が、水道水を嫌いな訳は、水道水に含まれているカルキ臭(塩素)が、強く飲みたがらないのが、理由です。

また水道水は、嫌いなのに蛇口の水道から流れてくる水を好む猫もいます。これは、流れ出る水の味のほうが、美味しいと感じるから。

ミネラルウォーターを与えたほうが体にいいと思う飼い主さんもいらしゃるでしょうが、その中でも硬水より軟水のほうがいいですよ。理由は、硬水には、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが多く含まれており、猫にとっては尿結石の原因になる可能性があるからです。パッケージに書いてる成分表で確認して与えましょう。

H27年8月14日(金) 犬にきらわれる人がいる訳(143回目)についてお話しましょう。
参考文献 ネコの気持ち 西東社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA