うさぎの斜頚(しゃけい)

091228usagi-shakei健康に育っていた仔うさぎが、突然、ゴロゴロ 回りだし 目も グルグル回っている。
何が、起きたのか?私には、まったくわかりませんでした。

良く見ると 首も曲がっている。当店のスタッフ大枝に エンセファリトゾーン症かもしれないと言われ 早速、動物病院へ連れて行くと エンセファリトゾーンの可能性は、あるけど それが、分かるのは、死亡して検査してみなければ わからないとも言われました。

ちなみに 斜頸の主な原因は、パスツレラ菌の脳神経系への感染や中耳炎、内耳炎に起因する前提の障害 そして エンセファリトゾーン症(原虫が主に中枢神経や腎臓に寄生して起こる病気)があるそうです。
エンセファリトゾーン症は、近年のうさぎの医学の進歩により、この病気の飼いうさぎにおける感染率の高さが明らかにされ、その治療法が研究されているそうです。

約2週間分の薬を頂き 安定しましたが、斜頚(首が、曲がっている)が、ほとんど良くならず ステロイド(効き目は、あるけど長くは、与えられない)を与えていました。斜頚は、少し良くなったようですが、あまり改善さえれませんでした。
そして 今は、最初に頂いた薬を 再度与えている状態です。

この仔うさぎちゃん。食欲旺盛、便の状態も良好なので まずは、ホッとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA