アニマルインターカレッジの卒業生

120910animaru昨日、アニマルインターカレッジへ看護科の生徒へ講義をしに行こうと職員室を出ようとしたところに今年、セラピー科を卒業した女生徒達と偶然、会いました。
卒業した生徒から今、量販店の中にある専門店で働いているのだけれど 私の授業が、とても役立っていますよ!ありがとうございました。元気に話してくれました。
そんな言葉を聞けるとは、ほんと嬉しかったです。一緒にいた鹿又先生も感激されていました。

私が、講義の何が役立ったの?と聞くとドックフードの原料の話や猫砂の実験などが、とても印象的でその時に講義で聞いた内容をお客様に説明すると喜ばれているんです。とのこと。

実は、この生徒、授業中、いつも後ろのほうに座っていて 勤勉?とは、言えなかった気がしますが、ちゃんと聞いてくれていたんですね。(笑顔)
帰り際、もっとしっかり教えてもらっていれば良かった~と またまた嬉しい言葉をもらいました。

学生の頃の私も考えれば反省しきり…時代は、いつになっても同じなのかもしれません。(笑)
経験しないとわからないことってたくさんありますからね。

と言う訳で せっかく会えたので一言、伝えました。
商品の販売量を目標にするのではなくペットや飼い主のみなさんに役立つ話をしてあげることを一番の目標に考えながら説明していけばあなた自信が、信用されて いい仕事が、できるようになるから頑張って!と伝えて別れました。(笑顔)

お陰さまで先生と言う仕事の喜びを感じることができた一時でした。(笑顔)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA