灯入れ行燈

150619tamata-suika七夕飾りは、7つあると聞いたことがある人は、多いと思いますが、実は、その他に2つあるんです。

 その二つは、七夕線香と灯入れ行燈です。七夕線香は、ここ宮町で飾りましょうと言うことで多くの店舗で飾られるようになりました。

 そしてもう一つが、祖霊を迎える準備のもので竹ヒゴと和紙で朝顔や西瓜、茄子などの張り子をつくり、中をローソクを入れて灯したもので豊作祈願の意味もあるとのことでした。

 宮町商店街の理事会でみんなで灯入れ行燈を作成して飾りましょう!と決まったのですが、実際、どう作ればいいか?わからないと思い私が、作ってみたのが、この写真です。

 昔は、ロウソクを入れていたものですが、今は、形だけにとどめて飾ることにしています。
 1件でも多くの七夕に取り付けて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA