東照宮のどんと祭がありました!

仙台東照宮のどんと祭が、1月14日(火)の平日に行われました。たくさんの方においで頂きたくさんの方々に甘酒、玉コン、みそおでん、若水も購入頂きました。(感謝)
雨や雪も降るかもと言う予想でしたが、暖かでお日様も出ている時間帯もあり過ごしやすい一日でした。

 

 

 


昨年から若水の説明に英語をはじめ タガログ語、インドネシア語、ベトナム語、タイ語を用意しておりました。そうしましたら説明文を読んでおられる方がいらっしゃっいましてどちらから来られたんですか?と尋ねるとネパールから来られたと聞きました。英語圏ですね。
読み終わったらなるほどと言うお顔になってなんと3本購入頂きました!(嬉!)
母国語でお知らせするこのおもてなしび心は、大事だなぁ。と思いましたよ。(笑顔)

ちなみに日本人の皆様は、若水の意味はご存じですか?
今回、販売した月山の若水は、元旦に朝早く汲み上げた水のこと言います。それを飲むと自然の境地に蘇らせ一年の邪気を除くとされています。
この月山自然水“ 若水 ”は、今年2020年元旦に汲み上げられた縁起のある自然水なんです。

以前は、おせち料理に 若水を使い 縁起を担いだとも 教えて頂きました。
昔は、自分の家の井戸水から若水を取っていたとも聞きました。今では、井戸自体が、無くなって来ていますから こういう風習も無くなってしまいますし 若水のこと自体 知らない人が、多くなってきているような気もします。残したい風習の一つです。

毎年、買われる方が増えており今年は、20時に完売してしまい、購入できなかった方もいらっしゃいました。来年、購入したいと考えている皆様は、早い時間帯で求められることをお勧めします。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA