どんと祭で甘酒の販売中!

仙台東照宮のどんと祭では、宮町商店街振興組合の青年部が、甘酒販売(1杯200円)と月山若水(1本150円)をしています。
今回は、新型コロナ感染拡大防止にアルコール消毒も用意しています。甘酒は、持ち帰り用としてフタをつけての販売をしています。
昨年は、コロナ対策で中止でしたので今年は、飲めて嬉しいとお客様から喜ばれています。 

 

 

 

月山自然水 1本、500mlを150円(税込)にて 販売しています!場所は、東照宮境内にある神楽堂前(宮町商店街青年部テント内)

 

月山の若水につて

これは、元旦に朝早く汲み上げた水のことです。その水を飲むと自然の境地に蘇らせ一年の邪気を除くとされています。
この月山自然水“ 若水 ”は、今年2022年(令和4年)の元旦に汲み上げられた縁起のある自然水なんです。以前は、おせち料理に 若水を使い 縁起を担いだとも 教えて頂きました。
昔は、自分の家の井戸水から若水を取っていたとも聞きました。今では、井戸自体が、無くなって来ていますから こういう風習も無くなってしまいますし 若水のこと自体 知らない人が、多くなってきているような気もします。残したい風習の一つですね~。

月山の若水につて
これは、元旦に朝早く汲み上げた水のことです。その水を飲むと自然の境地に蘇らせ一年の邪気を除くとされています。
この月山自然水“ 若水 ”は、今年令和4年(2022年)元旦に汲み上げられた縁起のある自然水なんです。
以前は、おせち料理に 若水を使い 縁起を担いだとも 教えて頂きました。
昔は、自分の家の井戸水から若水を取っていたとも聞きました。今では、井戸自体が、無くなって来ていますから こういう風習も無くなってしまいますし 若水のこと自体 知らない人が、多くなってきているような気もします。残したい風習の一つですね~。

この若水。縁起の水としておじいちゃんやおばあちゃんが、健康で過ごしてもらいたいという願いから買われる人が年々、増えていますよ。
縁起のお水なので受験を控えたお子さんのいる保護者の方も多く買われています。
仙台人の優しい気質を感じます。(笑顔)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

CAPTCHA