第191回ペットにまつわるエトセトラ

平成29年8月11日(金)朝、TBCラジオペットの話で生主演してきました。お題は、ヘビについて
兵庫県伊丹市にある宝教寺の参道で小学5年の男児が、ヤマカガシに噛まれ一時は、意識不明になったものの大事には、至らなかったと報道がありました。ほんと無事で良かったです。
ヤマカガシの体長は1メートル位と大きめで色合いで有名なのが、上体部に赤と黒の斑紋が入っています。見ただけで恐いです。でも地域よって色が、違うので気をつけてください。
ヤマカガシの毒は、マムシの毒の約3倍、沖縄のハブの10倍ですが、攻撃的な性格ではないので見つけた場合刺激しないようにしましょう。
ヘビは、恐いですよね。この恐いと言う感情は、ヘビによる恐怖体験がない3歳児でも大人と同じようにヘビに敏感に反応し攻撃姿勢を見分けられることから本能だと言われています。
今回の子供達は、ヘビ狩りと称して遊んでいたそうです。その心理は、恐いものを手にすることで自分の力強さを誇示できる。自分の住んでいる所に毒蛇はいないと言う勘違いが、恐いと思う気持ちを抑えていたのかもしれません。
ヘビに対しては、本能で逃げるとは言え大人が、子供にしっかり知識を与えることが、危険から逃れられ命を守って行けるのです。
人間を含めた動物全般がヘビに対しては、見るだけ恐怖を感じるのですが、実は、子供は、車に恐怖を感じないのです。だから車に対しては、大人が、子供に教育したり赤ちゃんであれば目配りしてあげて守ってあげなければならないのです。

この話をした後にリスナーから 車に蛇を写真をつけたらいいのでは?と言う提案がラジオから流れていました。
それは、ナイス!アイディア!と思いました。(笑顔)
次回の8月25日(金)は、 リスとヘビの関係についてお話をしましょう。

第190回ペットにまつわるエトセトラ

TBCラジオに生出演(190回目)。お題は、プレーリードックの生き方ついてお話してきました。北米が原産のプレーリードッグは、ドックと言っても犬ではなくリスの仲間。その名前は草原(プレーリー)の犬(ドッグ)という意味で、草原地帯に穴を掘り群れで生活をしており、仲間に危険を知らせる際の鳴き声が犬に似ていることから名づけられました。
野生のプレーリードッグは、一夫多妻制で複数の家族で暮らしています。地下にトンネルを掘り巣穴で生活しています。家族同士は、毛づくろいしたり抱き合ったりキスをしたりして集団生活をしているのです。活動時間は主に昼で、日中は地上で過ごします。
プレーリードックの群れの頭上にタカが接近するとそれに気づいたものが、甲高い声を発し 群れ全体が一目散に穴に逃げ込みます。甲高い声は、近親者や自分の子供がいると3倍の警戒声を発するそうです。このように群れを守ろうとする行動が、群れを存続させ生き残ってきたのでしょう。
私達人間もコミュニティーの中で生きる動物ですから周りの人と助け合って生きて行かなければ大きな幸せは、つかめません。町内会活動や多くのボランティア活動に積極的に参加して住み良い社会のしたいものです。
次回の8月11日(金)は、猫の嫉妬についてお話をしましょう。

第189回ペットのまつわるエトセトラ 

H29年7月14日(金)TBCラジオに生出演(189回目)してきました。お題は、蝉について
蝉は、何故、鳴くか?理由は、オスの蝉がメスの蝉への求愛行動の声なのです。オスの鳴き声は、大きい程、メスに人気があるそうです。人間も歌の上手ひ人に惹かれますね。(笑)
ツクツクボウシの鳴き声の中にジージーと言う音がありますが、それは、他のオスへの妨害音なのだそうです。いろんな鳴き方があるもんです。
北アメリカにいる素数ゼミ(13年と17年)は、同じ場所で13年あるいは17年に一度しか出現しない蝉のことです。
ちなみに2013年のアメリカ東部で発生した17年ゼミの総数は、なんと70億匹だったとのこと。1本の木に数万匹のセミが、止まったそうです。
この蝉が、生き残っている理由は、逃げないので簡単に鳥に食べられるそうですが、鳥は、すぐに満腹になり大量に生き残った蝉が、子孫を残すという説。また素数以外の年の蝉は、数が、少なかったため絶滅したと言う説があります。

蝉は、種類によって鳴く時間が、違っていいたり、住むエリアが、違ったり 時期が、ずれていたり、素数蝉のように年数が違っていたり時間、空間を変えることでお互いがうまい具合に種を残して来ているのです。

私達、人間もそれぞれの個性を活かして皆が豊かに生きられる環境ををみつけて住み分けできるといいですね。大企業、中小企業が、それぞれの持分を活かせる社会になって欲しいと蝉の生き残り戦略から教えられますね。
次回の7月28日(金)は、プレーリードックについてお話をしましょう。

第188回ペットにまつわるエトセトラ

H29年6月23日(金)朝、TBCラジオに生出演(188回目)してきました。お題は、台原森林公園のホタル!
ホタルがたくさんみられる条件は、気温が20度以上のむし暑い曇りの日・月明かりがない・雨上がりで湿度が高い・風がない条件が揃うと活発に活動します。最も活発に出てくるピークの時間帯は夜8時から9時 真夜中の12時頃 3時頃の3回飛び交います。観賞する時は、ライトで照らしたり、フラッシュをたくのはやめてください。虫除けスプレーも用意したほうがいいですよ。
 台原森林公園のホタルは、週末頃が、ちょうど見ごろです。台原森林公園の駐車場は、9時30から18時30分の間での利用可ですから地下鉄(旭ヶ丘駅)か100円パーキングがいいですよ。駅を降りすぐ下に降りると台原森林公園に行けます。出て右奥に行くと小川がありそこにホタルがいます。仙台・旭ヶ丘ホタルとメダカの会の情報ですと7月10日から15日くらいまで飛んでいるだろうとのことでした。自然に包まれた暗がりの中を歩くのは、幻想的な風景でした。このホタルを絶やさないためにゲンジボタルのエサであるカワニナを増やすためにキャベツを毎日与えているそうですが、このボランティアを募集中!だそうです。
ホタルを養殖した幼虫を放流することは、初期段階では有効な手段ですが、その幼虫は、守られた環境で育てられたため弱い可能性もありますし同じ親から生まれた幼虫が多くなりから遺伝子が、似ているために問題が発生した時一気に絶滅する恐れを高めます。   
ホタルを増やすことよりホタルの住みやすい環境を作ることが大事なんですよ。人間の子供が良く育ってほしいなら社会と言う環境をどうすればいいのか?社会全体で考えなければならいことに気付かされますね。
次回の7月14日(金)は、蝉についてお話をしましょう。

第187回ペットにまつわるエトセトラ

H29年6月9日(金)朝、TBCラジオに生出演(187回目)してきました。お題は、ホタルの光について!
日本では、約54種類のホタルがいます。一生の大半を水中で暮らす水生ホタル(ゲンジボタル・ヘイケボタルなど)は、数が少なく一生を山や野道で暮らす7種類の陸生ホタルがほんどです。
実は、ほとんどのホタルが成虫になって光らないことをご存じでしたか?陸生ホタルは、卵や幼虫の頃は、光りますが、飛ぶようになると光りません。
ゲンジとヘイケは、卵から成虫まで全ての生態で発光するという世界的にも大変めずらしい貴重な種なのです。

ホタルの光は、1/f α(アルファハ)といってこの世の中でいちばんやさしい光です。
ホタルの光を見た人は、リラックスでき幸せにつつまれケンカなどしなくなるそうですから大切なや人や家族で眺めてホタルの光を見るのもいいでしょう。自然の力は、偉大です。(笑顔)
次回の6月23日(金)は、ホタルについてパート2をお話をしましょう。

第186回ペットにまつわるエトセトラ

H29年5月26日(金)朝、TBCラジオに生出演(186回目)してきました。お題は、犬は、嫉妬するか?答えは、犬も嫉妬します。

犬の嫉妬の行動は、オシッコ、うんちを突然、粗相をするようになったり 飼い主のお手や待てなどの指示を聞かなくなったりします。ぬいぐるみを振り回したりもします。嫉妬の対象は、飼い主さんがよく手に取るものでテレビのリモコンを隠したり新聞を読んでいるとその上に乗ったりします。
この嫉妬を起こす原因は、生活環境の変化です。新しいペットが家族の一員になったり飼い主に赤ちゃんが生まれたりした時、愛犬は、疎外感を浴びて嫉妬するのです。
嫉妬を解決するには、飼い主の飼い方に問題があることも。過度な愛情表現を控えることも大事です。ダメなことは、ダメと言うことも大切ですが、何度も叱ることは、構ってもらっていると思いエスカレートすることもあるので気をつけましょう。そうならなら為には、その行動に対して無視することをお勧めします。善い行いをした時は、心から喜んであげましょう。それが愛犬にも伝わりますよ。

私達の感覚ではヤキモチを妬いくことは、可愛いとも思えますが、今の状況が何故起きているのか?これからどうなるのか?わからない犬にとって大きな不安である精神的にもとても辛いものなんだと認識して愛犬に対応してあげたいものです。
犬に寄り添う気持ちが、大切です。

次回の6月9日(金)は、猫は、嫉妬する?ついてお話をしましょう。
            

第185回ペットにまつわるエトセトラ

H29年5月14日(金)朝、TBCラジオに生出演(185回目)してきました。お題は、犬が、糞をした後、土を蹴り上げる訳。
答えは、犬のマーキングです。糞をした後、土などを勢いよく蹴り上げることで足の裏にある肉球の間から分泌されるにおいを地面にこすりつけ、糞と共に自分のにおいをアピールしているのです。
この行動は、自己顕示欲が強いオス犬に多いのですが、メスでも土を蹴る犬もいます。大人しい子は、行わない行動で個性の一つです。

犬は、他の犬の尿を嗅いだだけで 犬種、性別、体格、年齢、強さ、性成熟度までわかると言うのですから驚きです。
人は、視覚から大きな情報を得て生きていますが、犬は、嗅覚から大きな情報を得て生きています。
視覚は、その時の情報だけで嗅覚は、バームクーヘンのように層になって時間経過を知ることができるのです。
犬が、電信柱の匂いを嗅ぐのは、私たちがそこでビデオを観ているようなものなのかもしれません。(笑)
そう考えると飼い主と愛犬は、同じ場所を一緒に過ごしてはいるのですが、全く違う世界を歩いて入いるといっても過言ではないかもしれません。

匂いをかがせることは、犬にとって自然な行動ですが、だからと言って好き勝手に行わせるのは、飼い主の指示に従わなくなったり草むらの中に入って拾い食いしたりと問題行動につながります。
散歩は、排便や排尿、においを嗅がせることが散歩の目的ではありません!散歩をすることで飼い主との楽しい時間を共有することが大切なのです。

次回の5月26日(金)は、犬は、嫉妬するか?ついてお話をしましょう。