シーズーのラブちゃん

160504m-rabuMさんちのシーズーのラブちゃんが、ゴールデンウィーク期間中、お泊りして行きました。
当店には、初めてのお泊りでお年は、15才の高齢犬。今まで動物病院でお泊りしていたそうですが、今回、当店で預かることになりました。
初めは、ケージの中に入りたがらなかったのでこれからケージに入れるのが、大変かな?と心配しましたが、2日目の朝からは、普通に自分から入るようになりもうその場所は、自分の所!と決めたようでした。
散歩が、終わると豚肉と缶詰の食事が用意してありそれを食べるのが、楽しみだったようです。(笑顔)

ホテル期間中、健康状態もよくて私もよかったと思いました。

ところで今回、Mさんから娘さんからポテトサラダが、食べたいと要望があって前の晩に作ったそうですが、気合を入れすぎで作りすぎたのでもしよかったら食べて!と頂戴しました。
その味が、家庭の味で超美味しかったです。手作りは、ありがたい!とつくづく思いました。(感謝)

キャットホテル

160429pochiHさんちのポチちゃん(アメショ)が、昨日までお泊まりでご利用頂きました。
いつもお泊まりの猫ちゃんとあってとても馴れているので遊んであげたりしています。お泊り期間中は、すっかり当店の主のようでした。(笑顔)

少し長めにお泊りでしたが、健康状態もよく元気に過ごして帰って行きました。
写メサービス(1日1回メールで画像と近況のお知らせをする)もご利用頂いたのでHさんともぽちちゃんのことで話もできたので預かった私が、別れを惜しむ感じもありました。(笑顔)

コッカーのケネディちゃん

160411o-kenedeОさんちのケネディちゃん(コッカー)が、2泊3日のお泊まりしていきました。
お散歩が、大好きで私の顔をみるなりさぁ!行こう!って顔を私を見つめてくれます。
こちらの0さんの奥さんが、アニマルインターカレッジに相談して当店を紹介頂きました。実は、ご主人は、もともと商店街関係で知り合いでした。
世の中、狭いなぁ。と思いました。(笑)

ダックスのはるちゃん

160325y-haruYさんちのはるちゃん(ダックス)が、お泊りして行きました。
この子もお散歩が、大好きなんですよ。この季節、花も咲き始めお散歩には、最高の季節になりましたね。
自然を感じて生きることは、ストレス発散にもなりいいもんです。

うさぎのサファイアちゃん

160320a-safaiyaАさんちのサファイアちゃん(うさぎ)が、お泊りして行きました。
この子は、泉区の館から連れてきて頂いているんです。
いつもお願いしていて安心して預けられるからと嬉しいお言葉を頂戴しました。
その期待に応えられるようさらに気をつけて預からなくては!身の引き締まる思いもしましたよ。

梅が咲いていました。

160306umeペットホテルで預かっているボブちゃん(超大型犬)を2人で散歩していましたら綺麗な梅の花が、咲いているのをみつけました。
春は、少しずつ近づいているんだぁ。と思いました。

人や犬にとっていいお散歩日和が、増える季節なので嬉しいなぁ。

ドックホテル中に発症した直腸脱

160210s-pekoいつもご利用頂いているSさんちのダックスのペコちゃん(女の子で10才)が、2泊3日シャンプー付きでお預かりしました。
最近まで2つの病気を持っているとのことですが、落ち着いている聞きました。この子には、その予防のために夜の薬だけあげて欲しいとのことでした。

いつものような状況でお預かりしていたのですが、2日目の夜、大量のうんちをして最後が、少し血混じりだったので心配ではありましたが、経過をみることにしました。
最終日の朝、お世話をしようと見てみると大量のうんちとオシッコをしていて肛門から肉のかたまりらしきものが出ているではありませんか!

すぐに飼い主連絡を入れてからいつも通われているウィール動物病院へ。状況をみてすぐ直腸脱だとわかり午後には、手術をすることになると聞きました。
手術は、順調に終わったそうで翌日の午後には、退院したと聞きました。ウィール動物病院の先生によると手遅れになると感染症にかかることもあるので早めの対応できたのが、良かったですよ。と言われました。
大事に至らず 私もほんと良かったと思っています。

この病気は、このようになるほどひどいのは、珍しいそうです。確かに当店で発症したワンちゃんを見たのは、初めてでした。
原因は、排便時のひどい力みが繰り返されて起きることがあるそうです。
この子は、この病気が悪化して薬での治療中で最近、だいぶよくなってきたとのことでした。ホテル利用後の週末にもう一度診てみましょうと伝えてたそうです。

当店にお泊まりしたことが、この病気を悪化させたのでしょうか?と先生に尋ねましたらこれは、どこで起きてもおかしくないものなので偶然ですよ。と言われその点でも私は、ホッとしました。

いずれせよ。問題が起きればできるだけ早く病院へ連れていくことが、大切だと今回のことでさらに実感しましたよ。
160210s-peko2人間だったら 痛くて大騒ぎだと思いますが、犬は、ケロッとしているものです。
痛がらないから大丈夫?と思ってしまいがちです、それは、大きな間違いですよ。自分に置き換えて行動してあげられるかが、飼い主として大事だと思います。