シーズーのサンタくん

毎月トリミングをご利用して頂いている杉井さんのサンタくんが、今月も入りました。
お迎えに行った所 飼い主さんが、うちのサンタ。この頃 かまってあげてないからか?オシッコをあちこちして困っていると言われました。

確かに 赤ちゃんが、生まれたりなど 今までと違う環境になると 以前のよい環境に戻したくて わざとオシッコしたり玄関先にうんちをしたりすることがあります。
しかし トリミングを終えた後 これとは、違うことが、判明しました。


トリミング終了後 ケースに入れたら やっぱり すぐオシッコしたのですが、少しづつしているし 少し血交じりだったのです。
杉井さんの家は、フローリングなので オシッコの色は、判らなかったようです。

このサンタくんは、8歳なので もうシニアの仲間入りの時期ですので 見た目は、子どもでも 健康のことは、今まで以上に考えてあげなればならない時期に入っています。
私は、動物病院のお医者さんではないので はっきりしたことは、判りませんが、状況から推察すると前立腺炎とか結石の疑いが、あるので 早急に 病院へ連れて行ってくださいと伝えました。
早期治療が、一番ですからね。こういう病気は、実際多いようですよ。

定期的にトリミングをご利用頂けてると 病気の早期発見にも つながります。
なんてったって 全身を くまなく観察することになりますから‥

トリマーの仕事は、ただ 洗ってカットするのではなく 犬と飼い主の間に立って 話のできない犬の情報を与えなければならない重要な仕事だと思っています。
動物は、少々の痛みは、耐えるように出来ています。なぜなら 弱さを見せたら 殺されるからです。
症状が、ひどくなってからでは、手遅れになる!それを肝に銘じて飼って欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA